さらなる発展を続けていくSNSサイト

「無料SNSサイト」は今や若者にすっかり定着し、サイトの会員登録をしていない若者を見つけるのが困難なほど普及してきており、その数は現在も増加傾向にある。

keitai

利用者の増大に伴って、サイト自体も会員数1,500万というメジャーサイトからマニアックなユーザーが集うマイナーサイトまで、まさに百花繚乱の盛況ぶりだ。

もともと、ゲームや占いなどのエンタテインメント系サイトとして出発したSNSだけに、それら遊びのためのコンテンツが充実の度合いを高めるに従って会員数を加速度的に増やしてきた。

この状況にさらに拍車がかかったのが、モバイル端末の大進化だ。

以前はパソコン限定だったサイトへのアクセスが、スマホやタブレット端末などの登場により、いつでもどこでも手軽にアクセス可能になったことが、SNSサイトの爆発的普及拡大の最大要因となった。

「無料SNSサイト」への関心が高まると同時にサイト運営業者側にも激しい競争が発生し、結果としてサイト乱立という、いわば「SNSサイト業界の戦国時代」に突入することになる。

サイト運営会社側は少しでも多くのユーザーを取り込もうと、それまでのエンタテインメント系コンテンツだけでなく、コミュニケーション・ツールを充実させる作戦をとっている。

すなわち、サイトにある個人の日記やプロフィール欄を利用して、同じ趣味や考えを持つ仲間との交流を図るという方法だ。

dannjyofutarigumi

占い・ゲームなどエンタテインメント系コンテンツに、このコミュニケーション機能が加わることによって、今ではネット・コミュニケーションを経た「オフ会」も全国規模で頻繁に実施されるようになり、前述したように、現在では「無料SNSサイト」は「若者の必須アイテム」となったというわけだ。

大小さまざまなサイトが、ユーザー数の増殖のためと既存ユーザーの離脱を防ぐために、コンテンツや機能の進歩にしのぎを削っていることから、これからも「無料SNSサイト」はさらなる発展を続けていくことだろう。

誰でも簡単に登録することができます

出会い系サイトと言ったような、従来のインターネット上のコミュニティサイトは、基本的にたくさんの人に対して開かれていたかと思います。

誰でも簡単に登録することができますので、普段では絶対に知り合えない人とでも知り合うことができるということが、魅力にもなっていたでしょう。しかし、そのおかげで弊害をもたらすこともあったのです。

誰でも気軽に登録することができますので、そのおかげで質の悪い利用者が登場したり、時には大きな事件にまで発展することもありました。

sa-fa-

そういった問題を解決しようということで、多くのSNSサイトでは招待制度を採用しているのです。

招待制度だと、現在サイトを利用している人から招待状を貰わなければ、そのサイトを利用することができないのですが、無料SNSサイトでも招待制度を採用しているところがあるようです。

招待されないと利用できないということは、利用した時には絶対に1人以上の知り合いがいるということになります。

それだと今までよりも世界が狭くなってしまう可能性があるのですが、その分みんなが安心して利用することが出来るでしょう。

また、無料SNSサイトはただで利用することができますので、有料のSNSサイトよりもセキュリティや機能の質が落ちるのではないかと不安になるかもしれませんが、招待制度だとそのサイトを利用している知り合いがいることになりますので、多少は不安が少なくなるでしょう。

無料SNSサイトに登録する時にはどうしても無料という魅力ばかりにとらわれてしまうかと思いますが、それはひとつの形態と考えていた方がいいかもしれないですね。

snstop

「出会いが欲しいけど自分から動くのは億劫」な女性への処方箋 – LAURIER (ローリエ)(1/2)